デクの鉄板馬を探すブログ

デクのデクによるデクのためのブログ

東京盃競争の過去10回の傾向と対策

・人気別着順
(1着-2着-3着-4着-5着以降)

1人気5-0-2-2-1(勝率50%複勝率70%)
2人気1-3-2-2-2(勝率10%複勝率60%)
3人気1-3-2-1-3(勝率10%複勝率60%)
4人気1-2-2-1-4(勝率10%複勝率50%)
5人気0-0-0-1-9(勝率0%複勝率0%)
6人位以下2-2-2-3-6(開催年により頭数が違うため5着のみの集計)

1番人気は期待に応えられないことがあり、勝率は50%。
しかし複勝率は70%を超えているので軸としての信頼はできそうである。
2~4番人気の複勝率は50%をキープしており、馬券としては固くなる可能性が高い。
顕著に結果が出せていないのが5番人気であり、複勝率は0%。
6番人気以下は2度勝利を収めているので侮れない。
人気別着順を見ると、点数を広げて買わなければ的中できないが、固く収まる可能性も高いので、トリガミにならなくすることが難しそうである。
点数を少なくかつ、的中時のオッズを確保するにはどうするかといえば、1番人気の馬を買い目から除外することになる。
どのような一番人気馬が複勝圏内を外しているのか。
過去10回分の傾向を見ていく。


・1人気の状況
単勝オッズ、通過順位)
4着 第52回マテラスカイ(1.5倍、1-1)
3着 第51回ニシケンモノノフ(2.4倍、4-5)
5着 第50回ダノンレジェンド(1.8倍、1-1)
1着 第49回ダノンレジェンド(1.8倍、2-2)
1着 第48回ノーザンリバー(1.4倍、7-7)
1着 第47回タイセイレジェンド(2.2倍、1-1)
3着 第46回セイクリムゾン(2.1倍、4-6)
4着 第45回セイクリムゾン(2.0倍、5-4)
1着 第44回サマーウインド(1.3倍、1-1)
1着 第43回バンブーエール(2.4倍、3-3)

近年は1番人気が勝利することが無く、複勝圏内に入ることも1度のみ。
第52回、51回共に勝ち馬がキタサンミカヅキという実力馬だったため、敗北は仕方がなかったとも言えなくはないが…。
1倍台で敗北している馬の特徴として、逃げ馬であることが挙げられる。
2年連続で参戦しているダノンレジェンドは、1着時は2番手追走であったが、5着敗退時はハナを切っての逃げだった。
過去にはタイセイレジェンドサマーウインドのように逃げ切り勝ちをしている馬もいるが、ダノンレジェンドの例を見ると無視できない傾向である。

 

・牡か牝か
勝利(1着)
牡馬 9頭
牝馬 1頭

複勝
牡馬 26頭
牝馬 4頭

牡馬と牝馬の傾向も調べてみた。
基本的に牝馬の割合が少ないレースであるが、過去に1回勝利しており、複勝圏内にも入ってきている。
しかし牝馬の活躍の割合は多くはない。
牡馬の多いレースでは不利になってしまうのだろうか。
どのような牝馬なら勝負になるのか、過去の活躍した馬の傾向を調べてみた。

 

複勝圏内の牝馬の特徴
2着第50回コーリンベリー3番2-2馬体重510kg
3着第49回コーリンベリー10番3-3馬体重490㎏
1着第46回ラブミーチャン15番3-2馬体重506㎏
2着第45回ラブミーチャン10番2-2馬体重520㎏

どちらも2年連続で活躍しており、もともと実力のある馬だった。
気になる特徴といえば、先行していることと、中間の枠に入っていないこと。
そして490㎏以上馬体重があることから、馬格のある馬であること。
体が大きいことで牡馬相手でも勝負が出来るのかもしれない。

 

大井11R(20:10)

こんばんは、デクです。

毎日うだるような暑さが続いていますが、皆さんいかがおすごしですか?

 

本命

◎3タマノシュタルク

本命はタマノシュタルク。

前走、全前走と勝ちきれていないタマノシュタルク。

昇級混合戦のというのも理由に挙げられるだろうが、1番の理由はポジションどりに原因があると思われる。

前走は大外を回す事になりロスが多かった。

それでも追い込みを爆発させ頭から来るかのような勢いを見せた。

今回内枠を引くことができ、道中ラチ沿いに徹し足を溜めることができれば頭からも。

 

相手は今回先行できそうなロマンコスモ。

直線でのタマノシュタルクとの叩き合いになることをイメージ。

 

単勝メインにワイド。

 

では人馬ともご安全に。

7月22日川崎7レース(18:00)

こんにちは、デクです。

ぐずついた天気が続いています。

今週中には梅雨明けになるそうで、早くお日様を拝みたいところです。

 

本命

◎5ネオヴァラドン

外枠から好発し、先行するマグレブを好意追走。4コーナーでは先頭に立ち、そのままブッチギリ。2着には5馬身差付ける強い競馬を見せた。

また、掲示板には追い込み勢が半数を占める中、逃げ切った事も評価できる。

今回逃げるだろうゴールデンビューチの二番手に付け、前走の再現をできる事を期待する。

 

それでは人馬共ご安全に。

7月11日大井競馬10R(19:35)

こんばんは、デクです。

とうとう雨が降り始めましたね。

来週から本格的な梅雨の時期のような天気になっていきそうです。

雨の外出が嫌いな僕にとっては憂鬱な日々。

重い馬場が得意な馬にとっては恵みの日々になりそうですけどね。

 

本命

◎3アイリュミエール

一番人気はケアロハになりそうだ。

アイリュミエールとケアロハは過去に対戦しており、その時は4着と1着という結果であった。この結果からケアロハに実力があるのは明らかである。

しかし、直線でのポジションどりに大きな差があった。

進路があったケアロハに対し、アイリュミエールには進路がなかなか開かなかった。

なんとか進路を確保し、勢いをつけるも追い出しのタイミングが間に合わず4着。

今回は前走勝利した条件に近く、ケアロハに逆転するのは今回のレースと見て本命とする。

 

注目馬

⭐︎10ダージリンクーラー

全く人気がないのだが、一発あるとすればダージリンクーラー。

中央から転入してきたダージリンクーラーは、新馬戦から注目されるもなかなか結果が出せていなかった。

地方に転入してからもなかなか結果が出せずにいた。

原因は毎度のように出遅れをしてしまう点にあるように思える。

前走も大出遅れをしてしまい、後方からのレースとなってしまた。

しかし、直線に向くと大外から猛烈な勢いの追い込みを見せた。あと少し早ければ圏内もありそうな勢いである。

今回圏内に来るかどうかはスタートとポジションどりにかかては来るが、樽崎騎手が一発決めてくれる予感がしている。

 

単勝メインにワイドを添えて。

 

では人馬共ご安全に。

馬場と砂とクリソベリルと時々川田

 

本日8月10日(20:05)より、ジャパンダートダービーが開催される。

今年のダート3歳のてっぺんを決めるレースとなっているが、川田騎手騎乗のクリソベリルの1強ムードとなっている。

これまでの成績を見ても納得の人気。

前走の兵庫チャンピオンシップ(G2)においても、単勝1.1倍と圧倒的支持を得ると、それに答えて5馬身差圧勝となった。

中央だけではなく、地方競馬でも活躍することが証明されたクリソベリルであるが、果たして本当にそうなのだろうか。

競馬に絶対はないということを身をもって知った僕は、100万円ぶち込むことにためらわれた。

100万円ぶち込むためには、能力の他に確実にしておきたいことがある。

それは大井競馬場の馬場だ。

これまで中央、園田と快勝してきたクリソベリルであるが、果たして大井競馬場でも快勝できるのか。

その裏付けのため、今回は砂からのアプローチで調べてみることにした。

 

馬場について

まず、馬場について調べてみた。

馬場の良、稍重、重、不良の区分けについては、競馬場の担当者が基準を元に発表しているものである。

では、馬場が変わることによって何が違ってくるのか、そこが僕にとっては曖昧であった。

調べてみたところ、明確な基準はないけれど、馬場の違いによりどのような影響があるのかが分かった。

まず、良馬場ほど砂が乾いており「重く」なり、逆に重馬場ほど砂が「軽く」なるとされている。

重くなるほどタイムが「遅く」なり、軽くなるほどタイムが「速く」なる傾向にある。

湿った馬場ほど、砂からの足抜けが良くなるのでタイムが出やすくなるのだ。

カラカラに乾いた砂浜と波打ち際の濡れた部分を歩いているイメージだろうか。2箇所を歩き分けると分かりやすいだろう。

タイムを比べる時は、馬場の状態を比べる必要があるとともに、基準も変わってくることになる。

そこでふと気がついたことがあった。

砂といっても、いろんな砂があるはず。粒の大きさや、形など。それによっても違いがあるのではないか。

次に競馬場に使われている砂について調べた。

 

競馬場により砂は違う

中央競馬場地方競馬場は使っている砂が違っていた。

細かくいえば、地方は競馬場毎に違っている。

今回は大井競馬場を舞台にしたレースなので、大井競馬場について調べた。

 

まず、中央競馬の砂について。

中央競馬の競馬場は全部で10箇所ある。その全てに同じ砂が使われている。

生産者は株式会社ルナサンド。

砂の生産地は「青森県六ケ所村」。

中央の競馬場で使用する砂には厳密な基準があるのだが、ここでは割愛。

砂の厚さは9cmと決められている。

中央の競馬場により、タイムの違いがあることは明確だが、それはコース形状や勾配の有無、直線の長さなどが関係していると推測する。

※この点については、別記事にて考察予定

 

大井競馬場の砂について。

大井競馬場も中央の競馬場と同様の砂が使われている。

しかし厚さが8cmであり、1cm砂が薄くなっている。

この1cmの違いが競走馬に影響するかどうかは分からない。

砂浜を歩いていて1cm砂が薄くなっていたところで、気がつくことはないだろうが。

ちなみに、兵庫チャンピオンシップが開催された園田競馬場の砂の厚さは、10~12cm(らしい。ソースは非公式情報。)。

中央の競馬場よりは厚いようだ。

 

まとめ

中央競馬地方競馬では砂が違うので、結果に影響が出るのではないかと思ったが、実際は一緒であることが分かった。

 

クリソベリルの勝利の舞台となった、阪神競馬場園田競馬場大井競馬場とは違う。

加えて初ナイターである。

しかしながら、砂の面ではあまり心配いらなさそうなので、その点で安心した。

オッズ次第の勝負にはなるが、クリソベリルと川田騎手を応援することは変わらない。

クリソベリルに導かれ、川田騎手にはG1タイトルを獲得してもらいたい。

 

 

100馬身突き抜けるよ!!!

7月8日大井11R(20:10)

こんばんは、デクです。

週末はどのように過ごされましたか

僕はお出かけしつつ合間に競馬に参加しましたが、結果は少しだけプラスすることができました。

プラスにできるととても嬉しいですね。頑張った分だけプラスにできて、楽しむことができるので、今後も頑張っていきます。

 

本命

◎ショウブニデル

中央から転入後、尻上がりに実力を発揮すしている。

転入初戦から大敗を喫しているが、前目でレースをするようになってから好結果を残すようになった。

今回真島騎手への乗り替わりとなり、騎手の傾向から前目での勝負に期待できる。

少頭数に、ハナ争いが激しくならなさそうなメンバー構成から逃げ切り期待。

今日は実績のある重馬場でのレースができそうなのもプラス。

 

では、人馬共ご安全に。

 

 

川崎11R(20:15)

こんばんは、デクです。

今日は金曜日ですね!皆さんこの日を楽しみにしてたのではないでしょうか。

明日は休みでかつ、中央競馬が始まりますからね。

今日で勢いをつけたいところです。

 

本命

◎8ゴッドフュージョン

本命はゴッドフュージョン

前走は浦和1500mコースで10着と大敗。しかし、これは浦和1500mコースの特徴から受ける外枠の不利と考える。

理由は外枠からのスタートで、ダッシュを効かせつつも外に馬体が振られるからだ。

今回得意の川崎1500mコースに変わり挽回できると見る。

今回の相手から先行争いは激しくならなさそうであり、クラスも降級戦となる。

A2クラスで勝利経験もある重馬場の今回、勝利のチャンスがあるとみて。

 

では、人馬共ご安全に。